トップページ > クリニック 全身脱毛 メリット デメリット

クリニックによる全身脱毛のメリットとデメリット

全身脱毛施術を行うのには、クリニックによる脱毛と脱毛サロンやエステによる脱毛があります。
クリニックと脱毛サロンでは行っている脱毛方法も違っているため、施術の回数や期間も大きく違うのがポイントです。
クリニックによる全身脱毛のメリットは、短い期間でムダ毛の処理が必要なくなる永久脱毛が可能になることで、完全に脱毛できるまでの期間が1年から1年半となっています。
セルフシェービングでは処理しにくい顔の脱毛やVIOの脱毛においても完璧にケアできることも大きなメリットで、最新の脱毛マシンにはうぶ毛に対応しているマシンも多くあるので、うぶ毛の多い背中や顔にも脱毛効果を発揮できるのがポイントです。
クリニックによる全身脱毛のデメリットは、レーザーの威力が強いため施術時に感じる痛みが非常に強いことで、麻酔クリームを使用しても耐えられる痛みになるほどで無痛になることはありません。
クリニックによる永久脱毛は、完璧に絶対に生えてこないという意味ではなく施術コース完了1ヶ月後以降に毛の再生率が20%以下であることを意味しているのですが、つるつるになってしまったものを元に戻すことができないというのがデメリットになる方もおられます。
問題と感じやすいのはVIOの部分で、形をデザインしたりハイジニーナ(無毛)にするかはカウンセリングの際に入念に話し合いをすることで決定するのですが、ハートやひし形といった自分の好きな形にデザインした際に、温泉など人目に付く場所では注目を浴びることもあり後悔することもあるので注意が必要です。
クリニックでの脱毛は、効果が高く脱毛完了までの期間が短く済むということが魅力ですが、脱毛による費用負担が大きくかかってきます。
全身脱毛は平均として20万円ほどとなっていますし、VIOや顔を含むと費用は30〜40万です。
クリニックによる全身脱毛は、威力の強いレーザーで行うこともあり太い毛や細い毛にも対応していますし医療行為である毛根細胞を破壊する施術ができるため非常に高い脱毛効果が得られます。
レーザーの威力が強い上に、レーザー照射熱は約280度となっていますので、火傷や腫れのリスクは高いです。
クリニックでの脱毛は、火傷や腫れなどのトラブルの際にもすぐに適切な治療を受けられることがメリットとなっています。
医師による診察や施術は、医師が肌の状態や患者の状態を確認しながらの施術となりますので、体調によっては施術による肌トラブルも引き起きしやすい為、クリニックでの脱毛は安心感があるのがポイントです。