トップページ > クリニック 全身脱毛 脱毛器

クリニックの全身脱毛で使われる脱毛機器は。

クリニックの全身脱毛に使用されるレーザーには、アレキサンドライトレーザー・ヤグレーザー・ダイオードレーザーという3つの種類があり、3つの種類の照射方法や組み合わせを変えることでマシンも異なり、10種類以上のマシンが存在しています。
アレキサンドライトレーザーは湘南美容クリニック・レジーナクリニックに導入されているマシンのレーザー方式で、ダイオードレーザーはアリシアクリニック・フレイアクリニックのレーザー方式、ヤグレーザーはリゼクリニック・フェミークリニックに導入されているマシンのレーザー方式です。
アレキサンドライトレーザー方式の脱毛機器はジェントルレーズというマシンであり、美肌効果があることが特徴のマシンとなっています。
ジェントルレーズは照射範囲が広いため打ち漏れの可能性が少なく照射回数も少なく施術時間が短縮でいることもポイントです。
メラニン色素への反応が強いため、うぶ毛への効果が発揮できない・日焼け肌には使用できない脱毛機器となっています。
ジェントルレーズは脱毛施術の際にジェルを使用する必要がない脱毛機器となっているので、身体が冷えることもなく、ジェルへの不快感を感じることなく施術を行える方法です。
ジェルの塗布時間が無く施術ができるため施術の時間も短くなります。
ダイオードレーザーは、レーザーの出力を変動させることができるため太い毛から細い毛まで幅広い毛質の脱毛に対応ができるため、全身脱毛の施術で多くのクリニックで使用される脱毛機器です。
アレキサンドライトレーザーよりメラニン色素への対応も柔軟な為、日焼け肌にも脱毛効果を発揮することができます。
ダイオードレーザー方式の脱毛機器はライトシェア・デュエット・メディオスターNext Proが主に使用される脱毛機器です。
ライトシェア・デュエットは施術時に肌を吸引しながらレーザーを照射するため出力を抑えながらも高い脱毛効果を発揮することができるため、施術時に感じる痛みを軽減することができます。
メディオスターNext Proは、照射ヘッドが大きく蓄熱式なので肌の上をスライドしながら照射を行う脱毛方法なので、ショット式のようなゴムで弾かれるような痛みを感じることはありません。
レーザーの照射温度も従来のマシンより非常に低く設定することが可能となったため、施術による火傷の可能性が低いことも特徴です。
ヤグレーザーは3種類のレーザーの中で波長が長く肌の奥まで届くことが特徴であり、機器としてはジェントルヤグが多く使用されています。
ヤグレーザーはシミ・そばかす・毛穴の黒ずみの改善にも効果のある脱毛機器ですが、施術時に感じる痛みが非常に強いのが特徴であるため、全身脱毛では他のマシンでは満足できる脱毛効果を得られなかった方や高い脱毛効果を求める方には向いていますが、一般的な全身脱毛ではあまり使用されていない脱毛機器です。