トップページ > クリニック 全身脱毛 注意点

クリニックでの全身脱毛の注意点

クリニックでの全身脱毛は、レーザーによる医療行為であるため非常に高い脱毛効果を得られることが特徴ですが、レーザーの威力が強いため施術には注意も必要です。
施術前に注意しなければならないのはセルフシェービングの方法で、毛抜きを使用してのセルフシェービングは脱毛効果を得られなくなります。
シェービングの際にも、無理にシェービングすることで脱毛箇所に傷があると施術を受けられない可能性がありますので、肌を傷つけないように処理することが重要です。
予約の日が生理とかぶらないように注意して予約してください。
生理中でもVIO以外の脱毛施術をすることはできますが、肌の状態が非常に敏感であること・ホルモンバランスが通常時より崩れていることから、肌トラブルを引き起こしやすく脱毛効果が発揮しにくいという問題があり満足のいく脱毛効果を得ることができません。
クリニックのほとんどが施術の2日前のキャンセル連絡により無料でキャンセルすることが可能です。
予約当日に生理になってしまった場合には分かった時点でクリニックに連絡することが重要となります。
脱毛効果が得られない時期としてもう1つ重要なのが妊娠中と授乳中です。
妊娠中にはホルモンバランスが崩れ、毛が太く濃く増える時期となっています。
脱毛施術をしても効果を感じられない為、ほとんどのクリニックが妊娠中の方の脱毛施術を断っていますので妊娠中の方は注意してください。
妊娠初期で脱毛中に発覚した場合においても、分かった時点でクリニックに相談し施術を休止することが大切です。
レーザー施術によって母体や赤ちゃんに悪影響が及ぶことはありませんが、脱毛効果は得られません。
施術前には日焼けにも注意です。
日焼けした肌にも施術可能と宣伝しているクリニックも多くありますが、日焼けした肌でも日焼けから2日以内の肌への施術はできません。
レーザー脱毛の方法は、肌に直接高温のレーザーを照射することでダイレクトに毛根細胞を破壊する方法であり、レーザーの照射温度は約280度まで上昇します。
通常の肌への照射施術においても冷却処置に気を付けながら施術をしなければ火傷や腫れの皮膚障害のリスクは非常に高くなるのですが、日焼け2日以内の肌は熱を持った状態であるため火傷のリスクが非常に高いです。
患者様の施術の安全性を考えて日焼け2日以内の脱毛施術は断られることがほとんどですので日焼けしないように注意し、日焼けしてしまった際にはキャンセル連絡等するようにしてください。